2015年

4月

22日

アンベードカル博士銅像建立奉賛 佐々井秀嶺高野山講演

2015年6月14日(日)午前9時半開場 場所:高野山大学黎明館 所在地:和歌山県伊都郡高野町高野山385

この度佐々井上人は、高野山でのアンベードカル博士像建立に際し、日本に一時帰国され高野山大学にて講演を行うことになりました。
日時:平成27年6月14日(日曜日)(入場無料)
場所:高野山大学黎明館

■スケジュール

9:30 アンベードカル博士像へ献花 五戒文読経

10:00 第1部「私観南天鉄塔」
佐々井秀嶺

中村龍海 インド国立ナーランダ大学大学院学生(インド仏教遺跡研究者)

龍樹菩薩の霊告に従い、ナグプール南天龍宮城に赴いた佐々井上人。そこで大乗仏教発祥にかかわる数々の遺跡を発見した。在インド50年に及ぶ佐々井上人大乗仏教研究の集大成、事理不二円満の南天鉄塔が開顕される。真言宗のみならず、全日本仏教注目の論考。新刊、佐々井秀嶺口述/中村龍海筆記『龍樹と龍猛と菩提達磨の源流~サータヴァーハナ王朝・パーンドゥ王朝・ボーディ王朝』(東方出版刊)を当日会場にて販売。

12:00 昼食 休憩

13:00 第2部「アンベードカル博士と現代インドの仏教徒」
佐々井秀嶺
B.R.アンベードカル及びエンゲイジド・ブッディズム研究会
関根康正 関西学院大学教授     
志賀浄邦 京都産業大学准教授
鈴木晋介 茨城キリスト教大学助教  
根本達  筑波大学助教

インド憲法の起草者にして不可触民解放の父、そしてインド仏教復興の大導師アンベードカル博士とはいかなる人物か。博士亡き後のインド仏教徒とともに生き、博士の意志を継いで自他ともに認める後継者となった佐々井上人が語るインド仏教復興の歴史。「B・R・アンベードカル及びエンゲイジド・ブッディズム研究会」の解説。

15:00 検討会 交流会


16:30 終了

収容人数最大800名 入場無料

主催:高野山大学/南天会
後援:高野山真言宗総本山金剛峯寺国際局 東方出版 アンベードカル博士国際教育協会

■お問合せ
高野山大学企画課 
〒648-0280 和歌山県伊都郡高野町高野山385
TEL : 0736-56-2921(代)FAX : 0736-56-2746

南天会 事務局  
〒710-0004 岡山県倉敷市西坂1582-1
TEL/FAX:086-463-9391 
nantenkai@gmail.com

高野山大学講演
20150614_koyasan.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.1 MB