ブッダガヤ大菩提寺奪還運動のこれまでと現在の活動について

ブッダが菩提樹下に座してさとりをひらかれた仏跡第一の聖地ブッダガヤ。

その金剛宝座にそびえ立つ大菩提寺は2002年ユネスコの世界遺産に登録されています。しかしこの全世界の仏教徒の聖蹟は、18世紀初めごろより現地のヒンドゥー教バラモンの管理下となり、現在もなおヒンドゥー教徒主体の管理法が適用され、治安や寄付金管理などで多くの問題を抱えています。

佐々井上人はこの状況を目にして、1992年から現在までナグプールの仏教徒と共に大菩提寺の返還運動を行っています。

首都デリーやブッダガヤに向けてのデモ行進は十数次にも及び、インド政府大統領やビハール州首相に陳情書を提出し、国連のアナン事務総長(当時)に書簡を送り、パリのユネスコ本部を訪れてこの問題の国際的な関心を提起しました。

1949年ビハール州制定のブッダガヤ大菩提寺管理法では、ヒンドゥー教徒4名、仏教徒4名とビハール州ガヤ地区長官(ヒンドゥー教徒)の9名が管理委員を構成することが決められており、実質はブッダガヤ地区の地主であるバラモンのマハンタ一族がその実権を有しています。

現在佐々井上人は、このブッダガヤ大菩提寺管理法の無効を訴える裁判を係争中です。(1950年施行のインド憲法で、それ以前の法律の無効が宣言されています。)この裁判は、佐々井上人本人が原告となり、自費で弁護士を雇って続けられています。

2017年5月、アンベードカル博士生誕祭でナグプールを訪れたナレンドラ・モディ首相に、佐々井上人は大菩提寺の現状を訴えました。

また7月に就任したラーム・ナート・コーヴィンド大統領は、ダリット出身のもとビハール州首相で、9月30日のナグプール改宗記念式典に出席し、佐々井上人と懇談しました。佐々井上人とインド仏教徒による様々な働きかけにより、大菩提寺管理権返還は実現されようとしています。

※写真はムカルジー前大統領に陳情書を手渡す佐々井上人

この運動には国際的な援助も行われています。

タイ、スリランカ、ネパール、チベットなどの仏教国からも支援者がナグプールを訪れています。

日本の伝統宗派では、臨済宗各本山・黄檗宗が共同で声明文を発表しています。(2005年)

大菩提寺管理権返還は、世界仏教徒がその根本聖地を取り戻し、ブッダガヤを中心に世界の仏教徒が結集し、人類に平和と共生を提言する仏教の未来に大きな貢献となるでしょう。

またアンベードカル博士により復興を遂げつつあるインド仏教徒にとっては、自らの宗教の歴史的な拠点の獲得という重要な課題です。

南天会では、佐々井上人を通して裁判費用などの支援を展開し、また日本国内でのこの問題の周知、世論喚起に努めてまいります。ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。