お知らせ

2016年

12月

03日

「ナグプール・東インドの旅」日程変更のお知らせ

2月5日の出発予定が1日早まり2月4日出発に変更いたしました ※金額の変更はございません

以前お知らせした「ドンガルカル仏教徒大会参列 オディシャ仏教遺跡参拝 ナグプール・東インドの旅」旅行案内で、出発日の変更がございます。

1日早い2月4日(土)成田空港及び関西国際空港 出発となります。
期間:2017年2月4日~2月12日 8日間 2月5〜8日は佐々井上人が同行いたします。
代金:293,000円 成田空港及び関西空港発着(復路は羽田空港をご利用できます)
※10名以下の場合は308,000円となります。
※1泊宿泊が増えますが金額の変更はございません
企画:南天会、旅行実施:株式会社トラベルサライ
南天会主催の佐々井秀嶺上人を訪ねる旅行です。
ドンガルカル仏教徒大会の前日に、佐々井上人が主要な寺院跡を発見されたチャティスガル州のシルプール遺跡を見学いたします。シルプール遺跡はナグプールのマンセル・ラームテク遺跡や、後半訪問するオディシャ州のラトナギリ・ウダヤギリ・ラリトギリ遺跡とも関連する重要な遺跡で、大規模な市場跡や王宮跡も発見されています。南天会会報「龍族」に寄稿されている平野文興師が止住しているシューレイ・ササイ寺にも立ち寄ります。
6日以降の予定に変更はございません。
この機会に是非お越しください。
詳細、お申込みはパンフレット(PDF)をご参照ください。
パンフレット.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.0 MB

2016年

11月

26日

第7回 南天会交流会を開催いたします

2016年12月17日(土)午後2時30分~(無料)場所:南インド家庭料理カルナータカー2階 所在地:愛知県名古屋市名東区豊が丘(ゆたかがおか)1809

名古屋交流会のお知らせ
南天会の交流会を名古屋で開催いたします。
古くより佐々井上人を支援し続けておられる南天会賛同人の小池一郎氏にお話しいただきます。
またマンセル遺跡発掘申請、改宗記念式典参加報告、佐々井秀嶺資料室報告なども行います。
交流会の後、会場のインド料理店で食事会も予定しております。
未入会の方も歓迎です。是非ご参加ください。

 

 日時:12月17日(土)14:30~

場所:南インド家庭料理 カルナータカー 2階
   愛知県名古屋市名東区豊が丘(ゆたかがおか)1809
   TEL 090-1863-1135
   名古屋市営バスご利用は本郷駅乗車 
   明徳池東バス停下車 徒歩2分弱
   or 市営地下鉄 藤が丘駅 下車 徒歩13分
   http://masaladosa.jp/
会費:交流会参加は無料 食事会は3000円程度
お申込み:小池一郎(090-3936-4303)

2016年

11月

07日

汝速やかに南天龍宮城へ行け! ドンガルカル仏教徒大会参列 オディシャ仏教遺跡参拝 ナグプール・東インドの旅

2017年2月5日~12日(8日間)成田空港発着

期間:2017年2月5日~2月12日 8日間 2月6〜8日は佐々井上人が同行いたします。
代金:293,000円 成田空港発着 ※10名以下の場合は308,000円となります。
企画:南天会、旅行実施:株式会社トラベルサライ
南天会主催の佐々井秀嶺上人を訪ねる旅行です。
通年のチャティスガル州ドンガルカルで行われる世界仏教徒大会に参列し、佐々井上人の本拠地ナグプールに2泊。
マンセル遺跡、龍樹連峰をめぐり、インド仏教総本山大改宗広場に参拝します。
後半は近年注目されているオディシャ州の仏教遺跡を見学。世界遺産コナーラクの太陽神殿、プリーのジャガンナート寺院などを訪問します。
州都ブバネシュワルでは、日本人オディッシーダンサーの小野雅子さん特別公演を鑑賞します。  
詳細、お申込みはパンフレット(PDF)をご参照ください。
パンフレット.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.0 MB
0 コメント

2016年

8月

26日

大改宗60周年記念式典に参列するインドの旅の募集を開始しています

10月9日~10月15日 ナグプール・ムンバイ「大改宗60周年記念式典参列」と「世界遺産」の旅7日間

期間:2016年10月9日~10月15日 7日間
代金:222,000円 成田空港発着 添乗員同行
企画:南天会、旅行株式会社ボダイジュツアーズ
前半はナグプールに滞在し、佐々井上人に従って世界最大の仏教徒の祭典に参加。後半は大都市ムンバイに連泊し、世界遺産エレファンタ島やカンヘーリー石窟群を観光、アンベードカル博士の荼毘塚チャイティヤ・ブーミに参拝します。
<添乗員紹介>
添乗員で南天会会員でもあるソヌ・クマールさんは日本に来て十数年。旅行会社「ボダイジュツアーズhttp://www.bodaijutours.com/」を経営しながら、日本人の奥様と2人のお子様とで東京に長年お住まいです。
もちろん日本語は堪能。出身地はブッダガヤの大菩提寺のすぐ近くで、インドにいた頃に佐々井上人とも会っています。アンベードカル博士と同じカーストの出身で、家族で仏教に改宗しました。南天会にも積極的に支援して下さっています。  
今回のツアー費用については、インド渡航経験者なら誰もがその圧倒的な安さに驚くと思います。南天会のツアーということでクマールさんは大変な努力をして下さいました。皆さまぜひお誘い合わせの上ご参加下さい。  
<行程表、費用、ビザ申請について>
こちらのツアー案内をよくご確認の上お申し込み下さい。面倒なビザの取得は8,000円で代理申請をお願いできますのでお勧めです。
詳細、お申込みはパンフレット(PDF)をご参照ください。
ツアー案内161009.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 320.9 KB

2016年

6月

13日

インド仏教の指導者佐々井秀嶺師を囲んで 〜名古屋座談会〜〜

2016年6月23日(木) 午後4時~6時  場所:金龍寺 名古屋市瑞穂区亀城町5-31

日時:2016年6月23日(木) 午後4時~6時

参加費:無料
場所:金龍寺
名古屋市瑞穂区亀城町5-31 TEL(052)881-5261
・バス停 滝子より南へ徒歩7分
・地下鉄桜通線・桜山下車⑤番出口より西へ徒歩10分
金龍寺は真言宗(高野山)のお寺で、ご本尊の十一面観音は木彫として最大級のものです。この機会に是非、ご参拝下さい。
お問合せ・申込先  南天会 名古屋の世話人 小池一郎 (090)3936-4303

今年82歳になられる佐々井秀嶺師は、インドで50年間、仏教徒のために活躍されている日本人僧です。インド国籍を取得し、近年はインド仏教界の最高指導者・最長老として、インドでも全国的に有名です。
インドの仏教徒はカーストの最下層民・不可触民が多く、未だに差別による事件があります。そうした人々を励まし、仏教徒としての誇りと規律を与え続けているのです。また、佐々井師は、大乗仏教の祖師と言われる竜樹(ナーガルジュナ)の遺跡を発掘され、インドにおける大乗仏教史を塗り替える発見をいくつもされています。
今回、佐々井師が来名古屋にお越しになることとなり、佐々井師と御縁のある近藤様の金龍樹にて、お話を聞ける機会を作りました。ご都合がつく方は是非、ご参加ください。